縹工房さんの作品を置かせていただきました♪

春といえばこんな天気、という天気ですね♪


さて本日は新たな作家さんの作品を紹介いたします☆


会津木綿を使った藍染や柿渋染めの縹工房さん

https://www.facebook.com/hanadakoubou


素材からこだわって、染料も自然の物で染める。


自分も染物が好きで、少しかじっていましたが本格的な染物をまじまじと見たのは初めてかもしれません。

素材の肌触りと、染の色の深みが素晴らしいです!


柿渋と藍の絞り染めを何回も繰り返して、この色合いを出しているそうです。


会津木綿は縮みにくく丈夫で、木綿なので夏は涼しく、冬は暖かい。

写真のズボンでオールシーズン大丈夫だそうです。


季節に対応した化学繊維の服がたくさん出ておりますが、自然の素材に敵うものはないですね☆

こちらは裂織という裂いた布を横糸にしておる織物のカバンです。

東北では古くから伝わる織り方だそうです。


しかもこちらも会津木綿を使った贅沢な裂織物。


右にありますのは麻とレーヨンを使ったスカーフです。

自然の染料の絶妙な色が見ているだけで癒される感じです。


どれもさらりと身に着けられるデザインですので、若い方から年配の方までお勧めですので是非ご覧くださいませ(^^)

ついでにたまに気分で作るオリジナル布製品の紹介。


メキシコ最大のお祭り「死者の日」の一か月前あたりだけ販売される生地を使ったポーチとシュシュです☆


ポーチは頑張って内布も付けました♪


珍しい生地はたくさんあるのでまた気が向いたときに作りたいと思います(^^)


などなど、ここでしか手に入らない物がたくさんありますのでどうぞご覧くださいませ~

SHOP INFOMATION

〒990-2435

山形県山形市青田2-8-2 1F

TEL(FAX):023-664-2629

 営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日

※祝日の場合は営業します

 

中南米雑貨 ネットショップランキング